見えないもの、語らないものを『コトバとカタチ』にしてみたい…

      
<< 「2から3に・・・」 | main | 「お役に立てたら」 >>
1
ほぼ日「今日のダーリン」より

(こちらの絵は私が勝手につけさせていただいたものです。糸井さんすみません<(_ _)>)


以下、昨日(5月14日)の「ほぼ日」の『今日のダーリンよりコピペ

-----------------------------------------------------------------------------
 
・「ほぼ日」をはじめたばかりのころから、
 「断られる」ということについて、考えていました。
 
 仮に、小笠原くんが、なにかを提案したとします。
 もう一方の東野くんが、それを「断る」としましょう。
 小笠原くんは、その「断られた」理由を説明してくれと、
 東野くんに強く言う、とします。
 このとき、東野くんは、小笠原くんに対して、
 「断った」理由を説明する義務はないのです。
 ぼくは、そう決めました。
 よくわかんないけど「断った」とか、
 うまく言えないけど「断りたかった」とか、
 「断った」理由をあなたに言いたくないとか、
 ぜんぶ、オッケーなのです。
 
 それは、つまり、理由はわからないけれど、
 小笠原くんの提案には、東野くんが賛成するだけの、
 「なにか」がなかったのです。
  
・「ほぼ日」がなにか依頼するときには、
 とにかく「断られてもいい」と決めてお願いします。
 「断る」か「断らない」かの自由は、
 頼まれた人がまるまる持っているという前提で、
 「どうしましょう」という話にします。
 「断る」理由を教えてくれる人がいた場合は、
 ありがたくそれを聞きますが、
 そうでなければ、「またの機会を」とあきらめます。
 ほんとうに「またの機会」がくることも多々あります。
 
 「断られる」ことを考えに入れたプロポーズとは、
 相手の自由を大事にすることだと思っています。
 「相手を自由にさせすぎていたら、成立しない」
 なんていう場合は、成立しないほうがいいくらいです。
 ぼくは、そういうふうに思ってやってきました。
 だから逆に、わりと「断る」ことも自由にしています。

 手は、両側から伸ばしあってつなぐものですからね。
 親が子どもの手をしっかり握っているのと、
 おとなどうしが、手をつなぎあうのとでは、
 ぜんぜんちがうわけなんですよねー。

今日も「ほぼ日」に来てくれて、ありがとうございます。

----------------------------------------------------------------------------------

糸井さん、断るということを通しての「自由」の考え方を
ありがとうございます。

「断る勇気」と「断られる強さ」を身につけたい、と思いました。
| naoko | その他 | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.naokomiura.com/trackback/1281644
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ