見えないもの、語らないものを『コトバとカタチ』にしてみたい…

      
0
    「雪遊び」



    幼稚園の頃だったかな

    ものすごく雪が積もったことがあった


    初めてで

    珍しくて

    雪だるまを作ったり

    雪合戦をした

    3つ違いの兄と

    雪に入浴剤を混ぜ緑色にして

    ケロヨンていうカエルのキャラクターを作ったっけ・・・

     
    | naoko | ひとりごと | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    0
      「今年の漢字一文字は・・・」

      ここ数年、年の初めに一年のテーマを決めて漢字一文字にしている。


      2013年は「本」

      読書をしよう、という意味ではなくて「本音」「本気」「本質」

      本という字は元々は「木の根っこ」という意味なので、根っこの部分を意識しようと思ったんだ。


      2014年は「脱」

      「脱ぐ」

      自分が心になにか重い鎧みたいなものを纏っている気がしていたので

      それを脱いで軽くなろう 裸になろうと思った。

      自分をさらけ出すなんてすごく苦手だったんだけど、

      そこを少しでも変えたいと思った。


      2015年は「自」

      「自然」「自分」「自ら」「自信」「自律」

      どちらかというと受け身なタイプなのと、

      もっと自然の中で自然に触れることを意識しようと思って決めた文字。


      そして、今年2016年は・・・




      だよ〜〜!(笑)


      「直感」「直接」「真っ直ぐ」「正直」「素直」「直視」そして「直子」


       因みにこの画像の 直 は、

       自由に 上からなぞったり 二度書きしてる。

       だから、書というよりも線画だね。

       使ったのは筆ではなくて、そこらへんにあった厚手の紙。

       墨汁ではなくてアクリル絵の具。

       たまたまあった消しゴムハンコをポンっと押したら、いい感じでしょ^m^



      自分の名前も好きではなかったんだけど、

      最近少しずつ好きになってきているから

      さらに加速させようと思ってね(笑)


      名前って、目でも耳でもずーっとシャワーのように浴びているのに

      その持つ本質の意味って知らなかったりするよね。


      理解すると、好きになれることって多いでしょ。


      だから 今年はこれでいくのだ♪


      自分のテーマの一文字を決めるのオススメ〜(^^)/






       
      | naoko | ひとりごと | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        「今年を振り返る・・・」



        もうあと数日で2015年も終わる。


        自分なりに振り返って

        今年の自分を漢字一文字で表すと・・・「破」!


        なにを破ったのかというと、「殻」。

        「人前で話す」という堅ーい殻を、

        今年は破ることができたんだ。


        母校での講演が今年の初めにあって、

        その後続いて講演を4〜5回受けさせていただた。


        そうして気が付いたら、

        今年1年間で延べ1000人の方の前でお話してたよ・・・。

        本当にビックリ。

        去年までの私は

        声が震えて、涙が出て、頭が真っ白になるのが恐くて

        数人だろうが一対多で話すのは逃げたかった〜。

        (多分、外からはそんな風に見えなかっただろうけど、

        本当に嫌いなことだった)

        今年は、一つの重くて堅い殻が外れて、身軽さを実感できたことが

        大きな財産になった。


        この感覚を知ることができてよかった。


        次に殻が見つかった時に

        「なんとかなる!」いう気持ちが自分の中から湧いてくるだろうし、

        殻が外れた時の爽快感を原動力にできるだろうから・・・


        実は、年初に決めたのは「自」という一文字。


        「自分」「自信」「自ら」「自由」「自然」「自律」・・・

        を一年間、意識するようにしていた。


        まだまだそれらは遠いけど、

        「破」ったことで、一歩だけ「自信」に近づけた気がする(^_-)

        そんな2015年だったかな。


        (トップの画像は今年の元旦に撮ったもの)
        | naoko | ひとりごと | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        0
          「ブヒッ♪」


          大体どの絵も

          自分に似てしまっているんだけど

          この絵も

          小さい頃の私に似てるわ〜(笑)


          鼻が低くて上向きで・・・

          目が小さくて・・・
           
          こんなピンクが大好きで・・・

          ハイヒールをこっそり履いたりもしたなぁ
           

           
          | naoko | ひとりごと | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          0
            「 28年前に描いた絵から色々考えた・・・ 」



            28年前

            初めて公募展に応募して

            入選したイラスト。

            この入選がきっかけで

            仕事の依頼が少しずつ来始めた。


            今でも時々

            このタッチで描くけれど


            25歳の私は、

            今よりも

            恐いもの知らずで

            勢いがあったから

            そこはちょっとかなわない



            昔々

            憧れだったイラストレーターの

            和田誠さんとお話したことがあって、


            和田さんが

            「子供の絵はいいよ。子供の絵には勝てないんだよね・・・」

            と、おっしゃった。


            私はその意味がよくわからず

            「どうして 和田さんみたいに自由自在に何でも描ける方が

             そんなことをいうんだろう?冗談でしょ〜」

            と思ってたのを覚えている。


            でも、今はわかる気がする・・・


            子供が描くときの

            「迷いのなさ」

            「知識による計算のなさ」

            「整い過ぎない不自由さがある線」は

            うらやましいと思うもの。


            まあ

            なくしたものを

            羨んでいても仕方ないんだけど(笑)



            きっと

            楽しくて 新しいことへの挑戦には

            「迷いのなさ」も

            「知識による計算のなさ」も

            「整い過ぎない不自由さ」も

            あるんだと思う


            それは本当は

            新しいことに挑戦する限り

            いつだってあり続けるものなんだろうな


            挑戦するかどうかだけのこと・・・
             
            | naoko | ひとりごと | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            0
              「無意識を意識する」




              友人と長電話などした後、ふと気が付くと

              封筒の裏に無意識に描いたメモや落書きが

              面白いことになっていたりする・・・


              「ちゃんと!」とか「綺麗に!」という気負いがない

              ただ自由に描かれたもの


              この感覚で絵を描けるようになりたいんだよね


              電話をしている時、

              私の頭(顕在意識・表面意識)は、

              相手との話に使われて


              まるで、その隙に私の心(無意識・潜在意識)が

              「やった!今がチャンス〜!」とばかりに

              普段は頭に支配されている私の手を使って

              表現を楽しんでいる感じ。
               
              頭に支配されていない感覚


              それは 縛りがない 自由でリラックスした状態



              潜在意識や無意識という場所で

              表現されることを待っているエネルギー達と

              繋がって それを形にするには

              きっとこの縛りのない リラックスした 半分無意識の状態が

              大事だと思うんだ・・・
              | naoko | ひとりごと | 15:18 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              0
                「 写真を撮ること・・・ 」





                自分が感じた美しさを切り取るのが好き!


                花やクリスタルなど

                静かで小さくて美しい世界の中に

                グーッと入り込んでいくと・・・



                カメラのピントと

                目のピントと

                心のピントは重なって

                 
                ドキドキを探し求めてフォーカスする



                その時

                他の事は何も考えていない・・・




                私にとって写真を撮ることは

                考えることを忘れ「感じるに没頭する時間」で

                そして、「美にドキドキした記録」

                かな・・・

                 
                | naoko | ひとりごと | 13:04 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                1
                「雲」


                今日、
                渋谷をデモ行進していた時に、
                ふと空を見上げると
                こんな雲があったんだ

                何十メートルもの
                巨大な雲

                カッコ良かったなぁ
                | naoko | ひとりごと | 23:28 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
                0
                  「ハァ?」
                  10043

                  「タルトコ? 誰それ?」

                  | naoko | ひとりごと | 07:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  CALENDAR
                  SMTWTFS
                  1234567
                  891011121314
                  15161718192021
                  22232425262728
                  293031    
                  << October 2017 >>
                  SELECTED ENTRIES
                  CATEGORIES
                  ARCHIVES
                  RECENT COMMENTS
                  MOBILE
                  qrcode
                  LINKS
                  PROFILE
                  このページの先頭へ